米コインベースがハッキング被害。外部ウォレットへ送金される

10月1日(金)、少なくとも6,000人のCoinbase Global Incの顧客のアカウントがハッキングされたことが発表されました。このニュースは、この仮想通貨取引所が影響を受けた顧客への通知書によって発覚しました。

米カリフォルニア州の司法当局のウェブサイトで公開された通知書のコピーによると、ハッキングは今年の3月から5月20日の間に発生しました。

同社によると、未承認の第三者がCoinbaseのSMSアカウントリカバリー手順の弱点を利用して、アカウントへ不正侵入し、同社と提携していない仮想通貨ウォレットに移動させたとのことです。

Coinbaseの広報担当者は、金曜日に「当社は直ちに欠陥を修正し、これらのお客様と協力してアカウントの管理を回復し、失った資金を払い戻しました」と述べました。

「be your own bank」や「not your keys, not your coins」など、仮想通貨の業界でよく使われる言葉は、このような時に真実味を帯びてきます。どのような仮想通貨を保有していても、カストディアンのリスクは常に存在しますが、今回のような話は、最善の方法をとっていても、個人のセキュリティにおける脆弱性の犠牲になることを、この分野の人々に思い出させるものです。自分のセキュリティ対策を常に見直すことを忘れないでください。

ゲイリー・ゲンスラーSEC委員長が再びビットコインETFへの好感示す

米国証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長は9月29日(水)、仮想通貨そのものではなく先物契約に投資する限定クラスのビットコイン上場投資信託(ETF)への支持を維持することを言及しました。

ビットコインETFは、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引される先物契約に投資し、1940年投資会社法に基づいて登録されています。

同氏は、Financial Times社の会議の中で、いわゆるその40年法が「投資家保護が満たされている」と主張し、「そのような届出に対してSECスタッフは評価を楽しみにしています」と付け加えました。

同氏は8月の講演でも同様のトーンで述べており、これがきっかけでカスタムメイドのビットコイン先物ETFの登録が急増しました。証券取引委員会は現在、ビットコイン、ビットコイン先物、イーサリアム、イーサリアム先物の商品を対象とした20数件のETF登録を評価しています。

しかし、投資家たちはビットコイン先物連動商品に対してあまり熱心ではありません。ブルームバーグのアナリスト、エリック・バルチュナス氏のツイートによると、あるビットコイン先物の投資信託は、設立から2ヶ月後には資産が1,500万ドルしかなかったといいます。

このような投資家の関心の低さは、米国における規制の不確実性と結びついているのかもしれませんが、一概には言えません。とはいえ、このような金融商品を支持する規制機関が増えれば、他の仮想通貨市場と同様に、投資家の関心の波が拡大していくのはほぼ必然と言えるでしょう。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。