米国GDP回復と欧州の今後の動き

本日のOverbit Insightsでは、主要な市場(外国為替、仮想通貨、コモディティ)を取り上げ、それぞれの市場で11月に最も重要なストーリーと思われるものについて議論します。

外国為替市場では、米ドルが再びリードしています。GDPが33%増加したことなど、最近の米国のデータではポジティブな動きがあり、米ドルはペア通貨に対して上昇、DXYで追われている通貨バスケットに対して4週間ぶりの高値を記録しました。

一方ユーロは、欧州中央銀行が年末までにさらなる金融緩和を示唆したことが大きな原因で、対米ドルで4週間ぶりの安値近くに沈んでいるため、反対方向に動いているようです。

ECB(欧州中央銀行)は前回の会合で、「行動を起こす必要があり、次回の理事会で金融商品の再調整を行うことが必要であると、全員が合意した」と述べました。ECBが通貨を支えるための関与を明確に計画しているにもかかわらず、多くの人が12月の次回会合では、「面白くない結果になるのではないか?」と心配しているようだ、とみずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト唐鎌大輔氏は語っています。

金(ゴールド)の上昇は続くのか?

次に、金(ゴールド)の話題を取り上げます。今年のインフレの影響で、金は歴史的な暴騰を見せ、一時は史上最高値の2,000ドルを記録しました。

8月下旬に最高値をつけて以来、このラリーは冷え込み、現在はXAUUSDが1878ドルで推移しています。

このラリーの大部分は、法定通貨、特に米ドルに対する世界的な不確実性によるものと思われます。コロナウイルスの影響はまだ世界中に残っていますが、アメリカの経済が回復したことで金への関心が薄れているようです。

多くの政府がまだ将来の「金融刺激策」を視野に入れていることから、近い将来もゴールドの上昇は続くだろうと想像する方は多くいるかと思われます。

しかし、私たちは仮想通貨の世界に目を向けているので、ゴールドが最高の「インフレ防止」取引であるとは確信しているわけでは有りません。

ビットコインが誕生から12年を迎えて

10月末に12歳の誕生日を迎えたビットコインについて取り上げます。ビットコインのホワイトペーパーが発表されてからちょうど12年後(10月31日)、ビットコインは2018年1月以来の最高値14,000ドルに達しました。

ビットコインは、オンライン掲示板やメールマガジンでの地味なスタートで始まりましたが、今では最も注目を浴びる資産クラスの1つになっています。

最近のビットコインの価格が上昇する動きの多くは、機関投資家の資金が大量にこの市場に参入したことに端を発しており、今年初めにはMicroStrategiesが4億5000万ドル近くのビットコインを購入して自社の準備金を追加したことが強調されています。大規模な機関投資家の参入に加えて、今年の初めに起こったビットコインの半減期もこの動きの大きな起爆剤となっています。

今年の5月に迎えた半減期はビットコイン誕生から3回目の半減期であり、次は2024年になります。多くの機関投資家や個人投資家が2,100万個ビットコインの希少性を、ECBの今後の動きのような中央銀行の無制限な法定通貨の印刷に真っ向から反対していると見ているため、ビットコインは今後も価格が上昇していくのではないかとの憶測が続いています。

11月が始まり、今年を締めくくる2ヶ月に関して、今年のマクロトレンドを振り返ってみましょう。

コロナウイルスを筆頭に、世界各国が回復に向けて動き出しました。中央銀行は、世界的な操業停止とコロナウイルスが引き起こした影響の修復に奔走しており、労働市場は世界中で下落傾向にあります。

この狂気の背景には、中央銀行に対する静かな反発の中で、代替資産クラスの台頭があります。

これらの代替資産クラスは、今年のビットコインの急成長に牽引されています。2020年のビットコイン(BTC/USD)は、年間の安値が4,000ドル台でしたが、現在は10月に14,000ドルでピークを迎えました。

この上昇により、ビットコインは2020年の最も回復力のある投資商品の1つとなりました。ビットコインは世界中で波紋を呼んでいますが、世界で最も安全な資産として知られるゴールドは今年特に好調で、ゴールドは史上最高値となる2000ドルUSDを超えてピークアウトしました。

今年も残すところ2ヶ月となりましたが、Overbit.comは世界クラスの洞察力、ツール、教育を世界のトレーダーに提供し続けることで、今年を締めくくることを楽しみにしています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。