ビットコインは上昇トレンドを継続しており、現在も40,000ドルの大台をしっかりとキープしています。最近の弱気市場の最悪の事態は去ったのかという専門家たちの発言も聞こえてきます。

年初来のビットコインの動きで、4万ドルの抵抗線をクリアしていることとは別に、日足が11日間続くことは8年ぶりのことで、古参の仮想通貨関係者からは好意的な声が上がっています。

年初にはビットコイン価格が高騰し、多くの個人投資家が殺到しました。一方で大手機関投資家はその価格に市場参入を躊躇しました。その後6万ドル台の最高値をつけ、3万ドル弱まで暴落し、3万ドルから4万ドルの間で推移しました。その後2万ドル台に大きく屈伸したあとビットコインの続伸記録がスタートしています。

今後ビットコインに限らず、何かに投資して記録を更新し続けることは難しいでしょう。トレーダーにとって重要なことは、大局を見極め、トレンド転換の時に手をこまねいてはいけないということです。

少なくとも一時的には7月で底を打っているようにも見えます。今後は3万ドルから4万ドルのレンジをブレイクアウトした付近でビットコインがどのように反応するかが重要になります。

ビットコインのストロングホルダーがさらに存在感を増し、主導権を握る

現在ビットコインは、非流動的な供給が過去最高になり、アナリスト達は、2013年と2017年の再現につながるリバウンドの準備をしていると考えており、年末には価格のピークを迎えると予測がされています。

5月中旬以降、ビットコインは中国のマイナー崩壊の影響から暴落し、その回復に努めてきましたが、先週の価格上昇は大方の予想を上回るものでした。

Vailshire Capitalの創業者兼CEOであるJeff Ross氏はTwitterで、次のように語りました。

「2013年には、3ヶ月にわたるネガティブなニュースと値動きの後、ビットコインは5本の緑の月足ローソクを連続して記録、最終的に10倍に高騰しました」

この発言は、「スーパーサイクル」理論が再び支持されていることを示しています。

ビットコインのハッシュレートは83 EH/sを底に、100EH/sを超えて復活し、難易度は土曜日に5月の価格下落以来のプラス再調整を記録しました。

現在、ビットコインを売却したことがほとんどないストロングホルダーがこれまでにないレベルで主導権を握っており、ビットコインの現在の史上最高値である4月の64,500ドル以来のこととなっています。

このような状況を踏まえて、アナリスト達は、第4四半期に再び強気の動きが進むのではないかと考えています。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。