金とビットコインの決定的な違いを見つけるには、まず、古代から金が富と地位の代名詞である理由を理解する必要があります。

お金と装飾品の両方として使用される貴金属は、その希少性と経年劣化に対しての耐久性が永続的であること価値の裏付けとなっています。

希少貴金属の中で、金は最も希少なものの1つとしてランク付けされています。

各貴金属の埋蔵量評価は次の通りです。(数字が大きいほど希少性が高い)

銅:25

銀:65

金:72

オスミウム:78

このような希少性と弾力性のある物理的性質から、金は天然通貨となりました。現代まで、偽造や製造はできず、採掘によってのみ入手できるものとして、多くの国々は金属を貿易の価値のある手段として使用していました。米国では、1971年に金本位制が廃止されたため、マネーサプライが大幅に増加しました。

出典:TradingView、連邦準備制度のバランスシート

需要と供給の経済法則により、希少なものがあれば、その需要は増加します。 地球の地殻の中には、採掘できる金の量が限られています。それ以上に金を検出し、採掘し、加工することは難しく、コストもかかります。

政府が金本位制を放棄したため、中央管理外のデフレ通貨に対する需要が高まりました。しかし、過去にはこれを実現することはできませんでした。そして、分散型の仮想通貨であるビットコインという形でブロックチェーン技術が開発され、それを実現することができました。

地球の地殻に有限の金のプールがあるのと同じように、流通しているビットコインは2100万に過ぎません。また、BTCのマイニングは約4年ごとに半減期が訪れるため、そのデフレの性質が裏付けられています。金が他の貴金属を上回っているのと同じように、ビットコインは依然として仮想通貨市場では他の仮想通貨の時価総額を大きく引き離す支配的なものです。

ビットコインと金の乖離

連邦準備制度のバランスシートからわかるように、金から通貨を切り離すことは深刻な結果をもたらします。金本位制を廃止したことで、政府は支出を増やす必要がある時はいつでもマネーサプライを増やすことができます。もちろん供給を増やすほど、その価値は低下します。このような大幅な通貨切り下げをハイパーインフレと呼びます。

ハイパーインフレは過去に何度も起きています。

1973年のチリ

1980年代のアルゼンチン

1980年代のニカラグア

1989年のユーゴスラビア

2000年代のジンバブエ

2016年のベネズエラ

パンデミックをきっかけに、前例のないマネープリンティングとハイパーインフレが発生する可能性があります。これが2008年の金融危機後、ビットコインが金のデフレの性質を模倣するようにコード化された理由です。実際、JPモルガンチェースなどの世界最大の銀行でも認められ、ビットコインはデジタルゴールドになりつつあります。

では、金もビットコインも希少性を核心的な特徴としているのであれば、価値の貯蔵庫としてはどちらが優れているのでしょうか?その質問に答えるには、依存関係の観点からビットコインの視点を形成する必要があります。データブロックのチェーン(ブロックチェーン)を接続する仮想商品として、ビットコインはインターネットに依存して存在します。同様に、インターネットはコンピューターと電気に依存しています。

一方、金はそれ自身のものであり、存在する上でどのようなインフラにも依存していません。それは単に採掘され、処理されなけれるだけです。この比較は、ビットコインが金に比べて価値の保存という意味で分が悪いとも言えますが、それは有効な懸念なのでしょうか?

結局のところ、インターネットや電気が危険にさらされる時点に到達すると、現代文明全体も崩壊するでしょう。食料の供給と輸送から銀行とガバナンスに至るまで、ビットコインを動かすインフラストラクチャを失うことは、金を無意味なものにしてしまうでしょう。

対照的に、ビットコインには物理性がないことが、まさに金と比較して有利になるコアな特徴となっています。このビットコインと金の比較チャートでは、11.2年の間に1ドルを投資した場合のビットコインと貴金属の比較を追跡しており、この優位性を正確に示しています。

出典; Woobull Charts

ゴールドとビットコインの主な違い

金は輸送コストやセキュリティコストなどの物理的な管理コストが永遠のテーマですが、ビットコインは最大限の柔軟性を有しています。

・ 金が政府によって厳重に管理されているのに対し、ビットコインは分散化されています。

・ ビットコインは、警備員を雇う代わりに複雑な暗号計算を採用することで安全です。

・ ビットコインは、金とは異なり、カビが生えやすく、分割が可能です。

・ ビットコインは差し押さえや検閲に強いのに対し、金は簡単に差し押さえやレバレッジをかけることができます。

・ ビットコインは押収や検閲に強いのに対し、金は簡単に押収/検閲をかけることができます。

・ ビットコインは、5万台のノードの中でも、数台のノードが稼働している限り存在し続け、非常に耐久性に優れています。

・ ビットコインは金よりも検証可能性が高く、プライバシーも守られています。

このように、仮想領域のみに存在するビットコインは、金よりも多くの利点をもたらし、金の希少性を維持しながら、デフレ下での価値の貯蔵庫としての役割を果たしています。歴史はすでに、金とビットコインの違いを検証するための最良のシナリオを私たちに与えてくれていました。

インターネットの金の実験の失敗

インターネットの黎明期の1996年にGold&Silver Reserve Inc.(G&SR)がe-goldを開発しました。インターネットを利用したe-goldは、Webベースのアカウントで構成されており、他のe-goldアカウントとゴールドグラムの価値を即座に交換できます。多くの可能性を秘めた健全なアイデアでした。

しかし残念なことに、e-Goldの運命は、金の性質である物理的な性質によって封印されてしまいました。2009年までに500万口座に達したにもかかわらず、その人気の高さから、政府はe-goldを閉鎖しました。これはビットコインでは決して起こり得ません。インターネットの外にそれを置く外部商品がなく、それを監督する中央当局がないからです。

その結果、機関投資家は総資産の最大10%をビットコインに割り当てることに慣れてきています。これは、Square、Guggenheim Fund、MassMutual、Mode Global Holdings、MicroStrategy、およびその他多くの機関投資家が2020年にビットコイン投資に参入しました。

ビットコインの価格は、この歴史的な価格チャートを見ればわかるように、機関投資家の採用の波に反応しています。

出典: CoinMarketCap

ビットコインが4万ドルの価格を超えた一方で、2020年8月7日に金が2,067ドルを超えることはありませんでした。それでも、ビットコインの時価総額6,220億ドルと比較して、金の時価総額は9兆ドルとはるかに大きくなっています。しかし、仮想通貨がまだ11年しか経っていないことを考えると、これは驚くべき成果です。若い世代がデジタル資産に慣れているため、ビットコインは金に完全に取って代わる準備ができています。

リスク警告: 信用取引は、あなたの資本に高レベルのリスクを運び、失うことに許容ができる金額でのみ取引する必要があります。信用取引はすべてのトレーダーに適しているわけではありませんので、関与するリスクを完全に理解し、必要に応じて専門家に個別のアドバイスを求めるようにしてください。

免責事項: Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディアまたはその他のプラットフォーム上のコンテンツは、特定の国または地域とその居住者を対象とすることを意図したものではありません。Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、自身の国または地域の適用される規制を確認してください。