ジョー・バイデン米国大統領の大統領令から、イーサリアムの「The Merge」まで、3月中旬は、仮想通貨市場にとって非常にイベントの多い週となりました。

Highlights:

●       米国大統領ジョー・バイデンによる仮想通貨に関する大統領令は、新しい時代の幕開けを告げるものであり、仮想通貨コミュニティはやっとその規制に反応。好材料に。

●       イーサリアムのビーコンチェーンをテストネットに導入する「The Merge」がKilnテストネットで成功。資産価値の上昇とネットワークの利便性向上を実現。

●       ビットコインは数週間にわたり重要な心理的水準を下回っていたが、4万ドルの大台に。

●       Binance Smart Chain(BSC)は、2ヶ月連続でイーサリアムを上回る1億2千万件の取引を記録し、著しい成長。

The Week in Crypto

仮想通貨コミュニティは、バイデン氏の仮想通貨規制に関する大統領令を、1週間かけて前向きに消化

ここ数週間で最も激震的な仮想通貨関連のニュースは、米国政府が仮想通貨市場に正式に取り組むことへの発表でした。

大統領令への発表は3月9日のことですが、アナリストや専門家が、市場にとって大きな前進であることを消化することができたのは、約1週間の時間が経ってからです。

バイデン氏による大統領令という形で行われたこのファクトシートで示された具体的なタスクは多岐にわたります。

すでに、米国が仮想通貨規制のリーダーになる可能性があるという意見が出されていますが、それほど単純明快なものではありません。もちろん修正と課題はありますが、少なくとも米国は、自国の経済に利益をもたらす限り、仮想通貨を他の市場と並べることを望んでいることは明らかです。

国民感情から見て、仮想通貨コミュニティは、米国が仮想通貨を規制することを喜んでいるようです。

この新たな規制により、まだ踏み切れない投資家にとって、市場がより正当なものに見えると期待しているのです。政府が黙認することで、投資家保護策が整備されたアセットクラスへの投資を、こうした中立の投資家がより安心できるようになるはずです。

イーサリアムの合併と今後の動向は上昇トレンドの可能性を示唆

イーサリアムは、分散型金融(DeFi)の中心地として、市場で重要な役割を担っています。ネットワークで行われるあらゆる開発は、即座に市場とその数百万人の参加者に影響を与えます。先週は、Kilnテストネットに「The Merge」が導入されるなど、大きなアップデートが行われました。

The MergeはETH2 Beacon Chainをテストネットに取り込むための名称です。Kilnテストネットは、他のテストネットとの同一のマージに先行し、最終的に今年後半にメインネットに実装されます。このように、これはイーサリアムにとって重要な動きであり、当然のことながら、今週初めに価格の上昇に火をつけました。

一方、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリックブテリン氏は、EIP-4844によるシャーディング設計の変更案である「Danksharding」の技術的な側面について言及しています。2022年のイーサリアムにはこのような大きな変更が予定されており、ネットワークにとってエキサイティングな年になる可能性があります。

ビットコインは40,000ドル台で踏みとどまる

イーサリアムが快適な1週間を過ごした一方で、ビットコインはそれほどポジティブな1週間ではありませんでした。ビットコインは何週間も4万ドルを割り込んだ後、何とか4万ドルの大台に乗せたが、多くの市場投資家にとっては残念な結果となってしまいました。もちろん、熱心な投資家はこのことをよく理解しており、ディップを買っていますが、一般的な見方としては悲観的なものでした。

しかし、投資家の大半が大口取引を行う機関投資家であることなど、いくつかの指標が指し示すように、それは変わり始めているように見えます。元BitMEX CEOのアーサーヘイズ氏も、「ロシアへの制裁は新しい貨幣の時代をもたらし、金とビットコインはその恩恵を受ける」と、自身の意見を述べました。

暫定的な上昇傾向にある価格のほか、0.1BTC以上を保有するビットコインアドレスの数も右肩上がりとなっており、Glassnodeのデータも同様で、楽観的な未来を示唆する確かな指標となっています。

Binance Smart Chain(BSC)がイーサリアムに対抗

Binance Smart Chain(BSC)は継続的にイーサリアムより多くのトランザクションを記録しています。2月にイーサリアムを上回る1億2000万件の取引を記録し、2カ月連続でイーサリアムを上回っています。

このような具体的な指標は、競合するネットワークが市場シェア争いで未だ激化中ということを示しています。SolanaやFantomといった他のそうしたネットワークもここ数カ月で成長痛を経験し、成熟してきたため、将来的には多くのネットワークのうちの1つに変わるという考えがますます明確になってきています。

これらのネットワークでは、新しいDAppsやNFTプラットフォーム、プロジェクトが週代わりで登場し、話題には事欠きません。しかし、その一方で、悪質業者や潜在的なセキュリティ・リスクへの警戒も必要です。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。
免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。