ビットコインの信者マイケル・セイラーは、ほんの数時間前にツイッターで、彼の上場ビジネスインテリジェンス会社であるマイクロストラテジーが、ビットコインあたり平均43,663ドル、合計1,000万ドルで229ビットコインを購入したことを発表しました。 Bitcoin Treasuriesの記録によると、最新のBTC購入によると、マイクロストラテジーは現在92,079ビットコインを保有しています。

この購入で、マイクロストラテジーはビットコインの最大保有の上場企業になりました。 2020年の夏にビットコインに参入して以来、6回で合計22億5,100万ドルを投資してきました。

事実上、マイクロストラテジーの92,079 BTC保有は、執筆時点で$ 3,962,794,715であり、BTCあたり平均$43,036ドルです。セイラーの会社がビットコインを積極的に購入したことで、以前は不明瞭だった会社が脚光を浴びました。先日のイーロンマスクとテスラがビットコインのサポートを取り消したときでさえ、マイクロストラテジーはビットコインのサポートについて影響はながったです。

ビットコインマイニングの環境問題だけでなく、ビットコインネットワークが一元化されていることを引用したイーロンマスクからの一連のツイートの後、市場は弱気モードを続けていますが、全体的な暗号通貨の時価総額は過去24時間以内に少なくとも5%上昇していますそして1.95兆ドルから2.07兆ドルに達します。

過去数日以内に4000億ドルに達するまでの大規模な市場の売り切りを割り引いていないので、ビットコインの最近の問題は、イーロンマスクのツイートの混乱に完全に起因しているわけではありません。ここ数週間、アルトコインの時価総額は急速に伸びており、ビットコインドミナンスを年初の約70%から40%未満に徐々に下げました。 イーサリアムは引き続きビットコインの優位性を維持し、5月に4,000ドルの価格を破った後、20%に達しました。

市場が落ち込み、4月の過去最高の63,500ドルからビットコインが20%以上下落する中、マイクロストラテジーのような企業は強気な購入活動で暗号市場を強化しようとし続けています。一方、偶然にも2月に43,200BTCを購入したテスラは、テスラの購入をビットコイン支払いがサポートされないことを発表しました。それにもかかわらず、イーロンは、全てのテスラのビットコインを売却していません。暗号通貨市場の流動性をテストするために、そわずか10%を販売したことを明らかにしました。その売却は先に進み、1億ドル以上の利益を得るでしょう。

執筆時点で、ビットコイン価格は43,200ドルをわずかに上回り、43,663ドルのマイクロストラテジーの最新のビットコイン購入価格をわずかに下回っていました。

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。