米国証券取引委員会SECは、ICOレビューWebサイトであるCoinschedule.comに罰金を科し、SECは、Coinschedule.comが連邦証券法の不正行為防止規定に違反していると述べました。

7月14日に米国証券取引委員会が発表したニュースによると、Coinscheduleは、仮想通貨プロジェクトが好意的なコメントを書くのを助けるためにプロジェクトから料金を受け取っていることを明らかにしませんでした。したがって、Coinscheduleは、SECの調査結果を承認または拒否することなく、154,434米ドルの和解金と43,000米ドルの利息を支払う義務があります。

Coinschedule.comは2016年から2019年まで運営されており、訪問者の多くは米国から来ています。 Coinscheduleは、2,500を超えるICOの「信頼スコア」を提供し、訪問者はこのシグナルを「独自のアルゴリズム」を使用して各製品の「信頼性」および「オペレーショナルリスク」として解釈します。ただし、米国証券取引委員会によると、次のようになります。

「実際、プロジェクトはCoinschedule.comでICOを紹介するためにCoinscheduleに料金を支払いをしましたが、Coinscheduleはこの事実を訪問者に開示できませんでした。」

米国証券取引委員会によると、Coinscheduleは、特に規制当局がICOが証券である可能性があることを警告する2017 DAOレポートを発行した後、その法律を知らないふりをすることはできません。

米国証券取引委員会の法執行機関のサイバー部門の責任者であるクリスティーナ・リットマン氏は、制裁措置と罰金について話し、有利な証券引受のために資金を集めることは禁じられていると述べた。

「投資家への適切な開示なしに報酬のための証券の販売を禁止する証券法は明確で長期にわたるものです。」

同時に、SECは過去にICOを発行した人(Kin、Telegramなど)をリストし続けていますが、規制当局のすべての職員が最新のSECの決定に満足しているわけではないようです。 SECコミッショナーのHester PeirceとElad Roismanは、この決定に対してかなり一般的なアプローチを取っていることで委員会を批判する手紙を書きました。彼らの主張は、SECがCoinscheduleが宣伝した特定の項目が実際に証券であるかを説明できなかったというものです。

昨年、米国証券取引委員会は46.8億ドルを押収し、そのうち4分の1以上が暗号通貨に関連する企業からのものでした。