仮想通貨市場は、最近の10年で3000を超える仮想通貨を抱えるエコシステムに成長し、ブロックチェーン技術は共通の機能として普及しました。業界の黎明期には、主に投機目的の仮想通貨の売買をする個人トレーダーが先駆けとなりましたが、Bitcoinデリバティブのような新しい金融取引が登場している事からもわかるように、機関投資家が参入し始めました。

デリバティブとは?

デリバティブとは、金融取引と呼ばれるもので、その価格は原資産の将来の業績や成績に基づいて導き出されます。より詳しく説明すると、当事者の間で、将来の決められた時期にある特定の資産を買う、または売る契約を交わす事です。

デリバティブそのもの自体には価格はありません。その価格は、原資産の将来価格の値動きの予想で決められます。仮想通貨業界では、デリバティブが話題に上がる事がありますが、とりわけBitcoin先物取引の話題は多く出ます。デリバティブ市場は中世期まで遡れるほど、金融業界において最も古い市場の一つです。

デリバティブ取引は長年の進化により、一般的な金融取引の中でも高い評価を受けています。最も多いデリバティブは、先物、スワップ、オプションです。

トレーダーがデリバティブ取引を行う理由とは?

まず重要な点は、デリバティブ取引が高度な金融取引であり、主に経験と知識が豊富で、技術力の高いトレーダーが一般的に利用しているという事です。主にヘッジ取引、スペキュレーション取引、価格変動へのリスクヘッジとして使われています。

ヘッジ取引

トレーダーは、将来生じ得る損失を最小限に抑え、ポートフォリオを守る為にデリバティブ取引を使います。機関投資家や、知識や経験が豊富なトレーダーは、リスク管理の手段として同取引を利用します。またヘッジ取引は、ポートフォリオの保険契約と見なされてもいます。

例えば、小麦生産者が製粉業者との間で、将来に特定の量の農産物を契約額で売るという先物契約を作成するとします。これにより両者は、将来の潜在的リスクを軽減する事になります。何故ならこの小麦生産者は、将来の小麦価格の不透明さに対して保険をかける事ができ、製粉業者もまた将来の小麦の入手困難に対して保険をかける事が出来るからです。

しかしながら、これは両者に将来悪影響をもたらすもう一つのリスクを負わせる事にもなります。

小麦の価格を設定する事により、小麦生産者は小麦の価格が契約額を上回っても想定以上の収入を得る可能性を喪失してしまう事になります。一方でこの状況は将来安く買える製粉業者には有利に働きます。

製粉業者のリスクも同じです。小麦を契約額でしか購入できず、将来小麦の価格が契約額を下回る可能性もあります。この場合、製粉業者は割増額を払う事になり、小麦生産者は儲ける事ができます。

スペキュレーション(投機)取引

デリバティブはヘッジよりスペキュレーション取引として使われる事があります。この場合、トレーダーは他者が将来に対してかけた価格変動の保険が誤りであると考え、デリバティブ市場で思惑による売買をします。

スペキュレーターは、契約条件に従い、将来資産価格が上昇した時は、値上がりリスクを減らす保険により安く買う方にかけ、下落した場合は、値下がりリスクを減らす保険により高く買う方にかけます。

小麦生産者と製粉業者の例では、製粉業者が悪天候などの不利な条件を予想する時、将来小麦の価格が著しく上昇する事を予測するかもしれません。その場合、生産者とデリバティブ取引をする事により小麦を低い価格で買う事が保証されます。

また小麦生産者は将来小麦の価格が下がると予想し、デリバティブ取引を使う事により小麦を高い価格で売る事ができます。両者のケースでは、いずれか一方が他方のデリバティブ取引の逆にかけています。

価格変動からの保護

デリバティブ取引が使われる主な理由の一つが価格変動からの保護です。例として航空券の定額運賃を今購入する事で出発日に向けての運賃上昇時に購入するのを避ける契約を航空会社と結ぶ事ができます。

これは取引条件である特定のサービスを受けるのと引き換えに今支払うという意味でデリバティブ取引に似ています。この手段を取れば、航空券の価格を確定しているので、原油価格の上昇による航空運賃値上げの心配が無くなります。航空運賃が下落すると損をする事になりますが、価格の変動からは守られます。

一般的なデリバティブ取引

ここでは先述のデリバティブ取引、先物、スワップ、オプションについて解説します。

先物取引

「先物」として最もよく知られる先物取引は、2当事者間で特定の資産の購入金額と提供を、契約によって予約する取引です。両当事者には課された役割を遂行する義務があります。

例えばある航空会社が先物取引で他者からジェット燃料を1バレル70ドル(約7,600円)で購入し、1ヶ月以内に届ける必要があるとします。この航空会社は、納入業者が取引期限が切れる時に燃料が届く事が保証されています。燃料が1バレル80ドル(約8,700円)に上昇する可能性もあり、その場合は、期限前に取引を決済する事により利益を得る事が出来ます。

これは両当事者がリスクヘッジの取引をしていた事が考えられる例で、将来の原油価格の値動きについても思惑の取引をする可能性もあります。先物取引は取引所で執行できます。

スワップ取引

スワップ取引は、2当事者間で予定される先物期日またはその前に一連のキャッシュフローの交換を金利、債権、株式、商品取引所の価格に基づいて行う取引です。

一般的なスワップ取引に為替スワップ(FX swap)があります。為替スワップは、ある当事者から通貨を借りるのと引き換えに、もう一つの通貨を効果的に貸し出す取引の事です。2当事者は外国で有利な貸出金利を得る為に為替スワップに合意した上で、自国の通貨を使うか通貨取引により特定の国でビジネスをします。

例えばA社がオーストラリアで、B社がフランスで融資を受けたいとします。A社はフランスの会社で、B社はオーストラリアの会社です。より良い融資条件を得るには、両社は融資額を交換して希望する通貨を獲得します。

殆どの仮想通貨デリバティブ取引所は、先物かオプションを提供しています。しかしOverbit の利用者は、スワップ取引でビットコインを原資としたクロスマーケット取引が可能になります。

これは、BTC/USDがトレーダーの間で最も使われるペアになってきている事により、利用者がBitcoinでUSドル、日本円、ユーロ又は貴金属を買う事が出来る事を意味します。先物とは違い、Overbitは無期限の永久スワップを提供しています。また利用者はレバレッジをかけ、大きい額のロング (買い) やショート (売り) に必要な原資のコストを下げることも出来ます。

オプション取引

オプション取引は、ある意味先物取引のようなもので、2当事者が特定の資産を契約額で買う又は売る契約を結ぶものです。両当事者が大きく違うのは、買う側は当事者としての責任を果たさなくても良い点です。又オプション取引は機会に基づいているのに対し、先物は義務に基づいています。

Bitcoinの取引におけるデリバティブ取引とは?

仮想通貨業界に長くいる人は、デジタル資産の価格がいかに変動するかよくお分かりだと思います。2017年12月にBitcoinは史上最高値である2万ドル近く(当時の日本円で220万円)に達しましたが、その後数週間で、価格は大きく下落しました。2018年は1年を通して下落し続け、年末には3,200ドル(約35万円)の底値をつけました。2019年は好転し、4月以降の価格は上昇しています。

シカゴオプション取引所(CBOE) とシカゴマーカンタイル取引所(CME) は、2017年の強気相場の絶頂期に先物取引所を開設しました。先物取引によりトレーダーは価格変動に対してヘッジする事が可能になり、業界にとって重要な節目となりました。

当時の市場では、金融の実験的なプロジェクトという見方が多数派でしたが、これはある程度正当なものであるという認識と変化をもたらしました。

Bitcoinトレーダーであれば、Bitcoin先物のような仮想通貨デリバティブトレードの恩恵を受ける可能性があります。仮想通貨市場において一番の富を築く方法の一つに、安く買って高く売るスペキュレーション取引があります。しかしこの手法は、強気相場の時のみ効果を発揮するものです。

市場が弱気トレンドの時には、Bitcoinトレーダーは仮想通貨の下げ相場においても利益を得る為に、ショートと呼ばれる戦略をとります。

仮想通貨トレーダーは、Bitcoinやその他の原資を取引所やブローカーなどの第三者から借りて、特定の価格で市場で売却します。仮想通貨の価格が下がった時、トレーダーは同量の資産を安い価格で買い戻し、値動きの差額を利益とします。取引所は、取引の手数料が収益になります。

Bitcoinデリバティブ取引が出来るプラットフォームとは?

Overbitのトレーディングプラットフォームで取引を開始できます。 登録方法はとても簡単です:

  1. アカウントを登録
  2. SMS認証を完了してボーナスを取得
  3. 取引を開始
  4. Bitcoinを入金して更に大きな取引

Overbitでは、Bitcoinと他の仮想通貨、法定通貨、金、銀などの貴金属との取引が出来ます。 Overbitは手数料を無料で提供している所が魅力であり、ユーザーには、取引や知人の紹介に応じてTierPoints (ティアポイント) を付与し、それを用いてBitcoinを獲得できる還元制度を設けています。

Bitcoinデリバティブ取引における欠点とは?

ビットコインおよび仮想通貨取引は、価格変動によるリスクを受けるものです。

仮想通貨デリバティブトレーダーは、一般的に、価格変動のリスクに晒されます。仮想通貨の価格は急落する事もあり、証拠金取引よりも極めて大きな損失を被る事があります。これに対処する最善策は、トレーディングプラットフォームの機能を充分理解し、確信を持った戦略でトレードを実行する事です。

また、値動きに大きく影響するブロックチェーン関連情報や、規制関連の重大発表などのニュースなどから情報収集を行うのもBitcoinトレーダーにとって重要だと言えます。

注意すべき点は、デリバティブ取引はもろ刃の剣であり、利益と損失の両方を拡大出来るという事です。Overbitは、使いやすいインターフェース、簡単な取引、価格操縦無し、追証なしでリスクから保護されます。

ボーナスキャンペーンについて

Overbitでは、総額100万ドル (1億円以上) のビットコイン無料配布キャンペーンを開催中です!アカウント登録をして、携帯番号のSMS認証をすると$30USドル分のビットコインのボーナスが貰えます!また、0.2BTC以上をアカウントに入金すると、追加で更に$200USドル分の入金ボーナスをビットコインで獲得可能!

リスク警告:

デリバティブ取引は、資金に対して高いリスクを伴う為、損失を許容できる範囲の金額のみで取引を行う事が推奨されます。全てのトレーダーにデリバティブ取引が適しているわけではありませんので、これに関するリスクを十分に理解し、必要に応じて個別のアドバイスを仰いでください。

*Overbitのサイト上にある全てのコンテンツは、特定の国の居住者を対象としたものではありません。