Overbit Flash

194 posts
GoogleがGoogle Cardで決済部門を拡大
News

GoogleがGoogle Cardで決済部門を拡大

1月19日(水)世界最大級の企業であるGoogleが、決済と銀行の世界に再び参入しようとしているというビッグニュースが流れました。 Bloombergの記事によると、Googleは、同社が決済分野でのシェア獲得の中で、ビットコインと仮想通貨に足を踏み入れ、デジタルカードにそうした資産の保管機能を追加することを検討しているとのことです。 この記事によると、グーグルのコマース担当副社長であるビル・レディ氏は、「仮想通貨は私たちが大いに注目している分野です。ユーザーからの要望や商取引での需要が進化するにつれて、私たちも進化するでしょう」と述べています。 新しい機能を実装するために、Googleは仮想通貨取引所Coinbaseと仮想通貨決済プロセッサBitPayと提携しました。 Googleの仮想通貨統合により、ユーザーは法定通貨を使いながらデジタルカードにビットコインを保持することができます。 過去10年間のビットコインの急激な上昇を考えると、ビットコインの所有がより身近になることで、長期目線で見るとビットコインを保有しているだけで法定通貨が増えることになるため、ビットコインを売却したいと考えるビットコイナーは多くはないとも考えられるでしょう。 長年にわたる数々の失敗を経て、Googleが決済分野に進出するための最新かつ最も重要な試みであることは間違いありません。 レディ氏は「私たちは銀行ではありませんし、銀行になるつもりもありません。しかしながら積み重ねた努力の上に、

NFTはアウトパフォームを続けている
News

NFTはアウトパフォームを続けている

仮想通貨取引所のコインベースが5億ドル以上のビットコイン購入計画を発表したり、米大手住宅ローン企業United Wholesale Mortgageがビットコインによる決済に対応する計画をしているなどのポジティブなニュースが相次ぎ、ビットコイン価格は一時的に5月以来の50,000ドルを超えました。

PayPalのCEOであるダン・シュルマンは、刺激策パッケージの支払いを行うためにデジタルウォレットを採用する可能性について話し合っています。
News

PayPalのCEOであるダン・シュルマンは、刺激策パッケージの支払いを行うためにデジタルウォレットを採用する可能性について話し合っています。

水曜日に、PayPalの第2四半期の決算発表に続く投資家の電話で話している間、PayPalのCEOは、現在の支払いプロセスを合理化するのに役立つデジタルウォレットの使用を提案しました。