2020年4月24日、CEOのChieh(チー)が、Philip Masaと初のAMAをYouTubeライブで開催いたしました。Overbitと彼自身をさらに詳しく紹介いたしました。

チーは仮想通貨業界のベテランであり、過去には外国為替トレーダーの経験でもありました。 Overbitは2017年に設立され、使いやすくシンプルなプラットフォームをユーザーに対応するために2018年に正式に立ち上げられました。

Overbitは証拠金取引所であり、BTCとUSDTのみで証拠金として、仮想通貨、FXまたは商品と取引することができます。Overbitは、3つの主要機能を誇っています。

  1. セキュリティ - マルチシグネチャのコールドウォレット機能、AML対策。
  2. 公正な市場価格 - Overbitの価格は世界の大手取引所から得られるため、価格操作リスクはありません。
  3. 流動性 - Overbitはポジションのペアリングを保証し、複数の流動性パートナーと連携します。

チーはまた、最近のアップデートに含まれる新機能についても話しました。これは、Overbitでの取引時に手数料とスプレッドの2つのモードを選択して切り替える機能です。分離マージンとクロスマージンもアップデートに含まれていました。新しいアップデートと機能に関する詳細なガイドと情報についてはOverbitのヘルプセンター を是非ご覧くださいませ。

この更新により、ダウンタイムが0、300%高速、1秒あたり10万トランザクションとなる、はるかに高速なインターフェースも実現しました。

Overbitは独自のアカデミーを導入し、ブロックチェーン、取引などに関するさまざまな教育用の作品を含みます。モバイルアプリも間もなく登場し、開発中で、6月末(TBC)の間にAndroidでリリースされます。 その後、iOSアプリにもリリース予定です。

以下は、AMAセッション中に回答された質問です。

Q1。チーさんは何歳ですか?

31歳です。

Q2。 CMC / CoinGeckoにリストされていないのはなぜでしょうか?

実際、これはOverbitの公正な市場価格に関連しています。 CMC / CoinGeckoに掲載されるには、独自のオーダーブック(CMC / CoinGeckoにアップロードされる)が必要です。そのため、CMC / CoinGeckoに掲載されるメリットを理解していますが(ユーザーの認識向上)、現在は検討中です。

Q3。Overbitの原油価格はマイナスになるのでしょうか?

まだOverbitに原油を掲載していません。これについて話すと、Overbitの技術チームはFXシステムでの作業に10年以上の経験があり、初めて負の数を見たので、誰が何が起こるか確信が持てません。まず、負の数が存在する可能性があることはすでにわかっているので、コーディングを適切に行うようにします。

Q4。 Overbitはどこから価格を入手しますか?

前述のように、Overbitの価格は、大手取引所から算出されます。

Q5。トレーダーが利益を得た場合、それはOverbitの損失になりますか?

それは常にOverbit内部にマッチングです。たとえば、売りポジションに1 BTCがある場合、買いポジションに1 BTCがあります。 Overbitで、買いポジションに100 BTC、売りポジションに1 BTCしかない場合、それはOverbitにとって非常に危険な状況になります。したがって、Overbitが行うことは、外部パートナーと協力して、残りの99 BTCの均衡を達成することです。

Q6。 流動性供給のためにAPIを使用しますか?

現在、内部APIしかなく、流動性パートナーと協力しています。

Q7。どうすればアフィリエイトパートナーになれますか?

Overbitのサイトにて、オンラインフォームから申請してください。当社のチームがそこから申請を処理します。他の詳細と手数料計算機がありますので、以下のサイトをご確認いただければ幸いでございます

このページをご覧くださいませ:: https://www.overbit.com/ja/affiliates/

Q8。アフィリエイトにどのように支払いますか?

ユーザーがアフィリエイトリンクを使用してサインアップし、Overbitで取引を開始すると、割合として手数料が支払われます。 24時間以内にOverbitアカウントに入金されます。

Q9。次のAMAはいつですか?

正確な日付は決定していませんが、近いうちにまた別のAMAを実施したいと思っています。

Q10。今後のビットコインの半減についてどう思いますか?

理論的には、ビットコインの価格は供給が減少するにつれて上昇するはずです。ただし、以前と比べて現在より多くのレバレッジ取引所/交換所があるため、ビットコインの価格が非常に高い割合で上昇する可能性はわずかだと思います。供給の減少により、採掘にかかるコストは増加するが報酬は減少するため、おそらく小規模のマイニング会社は操業を続けることはないと思います。

Q11。ロングとショートの両方のポジションを同時に持つことができますか?

はい、両建は可能ですが、価格が変動すると、損失と利益が両方の方向に変動することになります。

Q12。出身はどこ?

台湾です!

Q13。ポジション全体をクローズするのではなく、ポジションの部分的な利益/部分的なクローズを許可してください。

それは興味深い意見です。現在、Overbitにはその機能はありませんが、今後の更新になります。

Q14。初心者向けのセミナーはありますか?

もちろん、今後は、プラットフォームの機能に焦点を当てたセッションを開催することもできます。

Q15。オプションと先物をOverbitに追加する予定はありますか?

実際にそうする計画はありません。最近、2500以上のトレーダーからフィードバックを集めたトレーダー調査を行いましたが、そこからは、オプションや先物に精通している人が少ないことが理解できたので、追加する予定はありません。

Q16。紹介リンクからサインアップすると、0.3BTCのボーナスがあります。有効期限に関する情報や通知はありませんが、なぜそれが消えたのですか?

以前は、新規ユーザーに0.03BTC(0.3BTCではなく)を提供するキャンペーンがあり、ボーナスの有効期限は30日です。詳細は契約条件に基づいて記述されていますが、おそらく、詳細を見逃している可能性があります。このキャンペーンは終了致しました

Q17。プラス/マイナスは頻繁に変動します。これらの売買インタレストの変動がどのように設定されるかを理解したいと思います。

これらは実際には比率に基づいて設定されます。たとえば、売買比率が50%-50%の場合、両方の利息は同じになります。売買比率が90%-10%の場合、売りのインタレストは高くなります。当然のことながら、収益性の高いポジションに行きたいと思うので、買いポジションと売りポジションのバランスを取るようにこの比率を設定します。

Q18。長時間ポジションを保つのは難しい。

そのとおりです。実際、証拠金取引所で長期間ポジションを保持することはお勧めしません。証拠金取引所には金利が取られる可能性が高いので、1 BTCを1年間保持する場合は、実際に取引所から1 BTCを購入し、それをコールドウォレットに保管することをお勧めします。

Q19。手数料とスプレッドがありますが、どれがお勧めですか?

どちらにもメリット/デメリットはないので、スタイルや好みによりご選択くださいませ。お支払い金額はどちらも同じです。

Q20。Overbitのアカデミーはいつ公開されますか?

記事は作成中で、英語で始まり、2020年6月(TBC)から公開される予定です。

Q21。出金手数料が安くなればいいのに。

Overbitは、入出金に手数料はかかりませんが、ビットコインを引き出す際にBitcoinの送金手数料(実費)が掛かります。これは単にビットコインの取引手数料です。ただし、このフィードバックは承っております。パートナーと話し合って、これをどのように改善できるかを確認します。

Q22。 FXインストゥルメントのペアの数を増やすことはできますか?

はい、その計画はあります。オイルの他に、他のペアも追加する予定です。

Q23。アンケートの結果を知りたいのですが、いつ発表されますか?

間もなくリリースされます。英語版はほぼ完成し、日本語版はCoinPostでリリースされます。もちろん、ブログでも公開予定です。

Q24。私はマイナーですので、マイニングに期待する通貨を売りポジションで長く保持していきたいですが、金利が上がる可能性があるため難しい。

デリバティブ/マージン取引所でポジションを長期間(1ヶ月など)保持するメリットは実際にはありませんので、お勧めしません。ただし、ポジションを1週間ほど保持することはできます。

Q25。別の取引所では、リミット決済とストップロス決済を請求しているようです。それはOverbitと同じですか?

いいえ、Overbitは、限度額やストップロスの決済を請求しません。

1時間のAMAが正式に終了しました。Overbitの次のAMAセッションにご期待ください。

リスク警告

*証拠金取引は高いリスクをもたらします。必ず取引の前にリスクについてご理解頂き、それから取引を始めてください。そして必要に応じては専門家にアドバイスをお求めください。

*Overbitのサイト上にある全てのコンテンツは、特定の国の居住者を対象としたものではありません。